伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 伐採には技術が必要

2015.10.14更新

伐採には技術が必要

一般の家庭の庭でしたら、低木程度の樹木が多いので、樹木の形を揃えたり、茂り過ぎた枝や葉っぱを適度にカットする『剪定』作業がメインとなりますが、もう少し背の高い中木、高木を植えている方、自宅の裏に山を所有している方、樹齢が高く枯れが見られる樹木がある方などには、加えて『伐採』という作業が出てくることがあると思います。伐採とは樹木を切り倒すことを意味します。野菜などと同じように、樹木も生えすぎると栄養を取り合うため、樹木を絞って成長を促すために間引く「間伐」と呼ばれる伐採や、枯れや腐食によって不意に折れたり倒れたりするのを未然に防ぐために排除する伐採があります。伐採するにはチェーンソーなどの電動機械が必要ですが、これらはホームセンターや通販などでも簡単に手が入るものなので「自分にも簡単に出来るかも」と思ってしまうかもしれませんが、チェーンソーの取り扱いには一定の講習が必要なので、誰でも出来る作業ではありません。また伐採にはそれなりの技術が必要で、樹木を倒す方向を誤ると、建物を壊したり、大怪我をする原因にもなります。伐採作業は専門業者に委託するのが賢明です。そろそろ伐採をしなければ・・・と感じるようでしたら、是非本サイト「伐採110番」まで伐採をお気軽にご用命ください。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介