伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 伐採と植林

2014.02.05更新

伐採と植林

式年遷宮を迎えた伊勢神宮。 伊勢神宮では、1回の式年遷宮のために1千万本ものヒノキを使用しています。 大量のヒノキを20年に1度確保するために、内宮と下宮の背後や周辺地域で植林や伐採を繰り返していましたが、 使用するヒノキはある程度の大きさが必要となりますので、伊勢神宮の敷地内では不足した時には他の土地から 原木を仕入れていたそうです。 現在では主に伊勢神宮にて用材がまかなわれてるそうですが、今植林したヒノキは、約200年後の式年遷宮に 使用されることになります。資材を確保するだけでなく、森を育てるためにも伐採は欠かすことができません。 伐採と植林を繰り返すことで、式年遷宮は支えられています。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介