伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 伐採と剪定を上手く使い分けよう

2016.07.27更新

伐採と剪定を上手く使い分けよう

伐採と剪定は、どちらも対象が植物であり、切るという行為が似ているため混同されがちですが、伐採は主に木を処分するため、剪定は木を活かすために用いられることが多いです。伐採の目的は、不要となった木や枝を取り除くことで、これにより成長しすぎた樹木による近隣トラブルや電線や家屋への接触事故を防ぐことができるでしょう。剪定の目的は、木の成長を促し、見た目も美しくすることで、これによりお庭環境と整えることができるでしょう。良くあるお悩みとして「伐採か剪定、どちらをすべきか」というものがありますが、これはご自身の管理能力や周辺状況から選択したほうが良いです。管理能力があまり無いのであれば、定期的に行わなければならない剪定は向いていないということになり、放置された庭木がトラブルの火種になることもあります。特に切る理由がない上に、楽しみたいという人は剪定がおすすめです。確かに定期的に管理する必要はありますが、庭木を楽しむ上で剪定は必須事項といえるのではないでしょうか。もし、伐採をお考えであったり、剪定が面倒だったりとお悩みの場合は一度当社までご相談ください。必要であれば伐採を、管理をお求めでしたら剪定をと、皆様に最適となる業者探しのお手伝いをさせていただきます。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介