2016.07.27更新

伐採と剪定を上手く使い分けよう

伐採と剪定は、どちらも対象が植物であり、切るという行為が似ているため混同されがちですが、伐採は主に木を処分するため、剪定は木を活かすために用いられることが多いです。伐採の目的は、不要となった木や枝を取り除くことで、これにより成長しすぎた樹木による近隣トラブルや電線や家屋への接触事故を防ぐことができるでしょう。剪定の目的は、木の成長を促し、見た目も美しくすることで、これによりお庭環境と整えることができるでしょう。良くあるお悩みとして「伐採か剪定、どちらをすべきか」というものがありますが、これはご自身の管理能力や周辺状況から選択したほうが良いです。管理能力があまり無いのであれば、定期的に行わなければならない剪定は向いていないということになり、放置された庭木がトラブルの火種になることもあります。特に切る理由がない上に、楽しみたいという人は剪定がおすすめです。確かに定期的に管理する必要はありますが、庭木を楽しむ上で剪定は必須事項といえるのではないでしょうか。もし、伐採をお考えであったり、剪定が面倒だったりとお悩みの場合は一度当社までご相談ください。必要であれば伐採を、管理をお求めでしたら剪定をと、皆様に最適となる業者探しのお手伝いをさせていただきます。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-170-251

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-170-251

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-170-251
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼