伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 伐採で虫の住処をなくす

2016.09.23更新

伐採で虫の住処をなくす

虫は色んなところを住処としていますが、庭木についても例外ではありません。例えば、玄関のすぐ目の前に少し大きな庭木があるとしましょう。庭木のそばを通る時、ふと横を見ると目の前に蜘蛛が巣を張っていたら驚いてしまいますよね。小さな蜘蛛ならまだしも、手のひらサイズほどある蜘蛛ですと、それだけ鳥肌はたってしまうと思います。特に蜘蛛が大の苦手な方なら、そこを通るだけでも億劫ではないでしょうか。 このように、庭木に虫が潜んでいた場合は早めに駆除するのが良いですが、庭木がある以上、またいつ新たな虫が潜んでしまうか分からないですよね。その場合はまた駆除すれば良いとは言え、虫が嫌いな方はそのたびに虫と直面しなければなりません。もし、庭木を取り除いても問題がなければ、業者の手で庭木を切ってもらって虫の住処をなくすのも良いでしょう。木を切る行為を「伐採」と言い、各地では伐採に対応した業者がたくさんいます。少し大きな庭木ならご自分で伐採するのも可能ですが、やるとしたら休みの日を利用するしかありません。貴重な休みを伐採で無駄にしたくないという方は、業者に任せるのがお勧めです。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介