伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 伐採した木の行方

2015.12.08更新

伐採した木の行方

様々な理由で必要となる伐採。例えば土地開発のための伐採であったり、栄養の過度の分散を抑えるために、木の数を減らす伐採などです。こういった理由で行われる伐採ですが、伐採した木はどうなるのでしょうか。無駄なものとして処分されてしまうのでしょうか。環境や資源についての問題が、取り上げられることも多い昨今です。こういったことが気になる方も多いでしょう。結論からお伝えしますと、伐採した木は、無駄なものとして処分されるわけではありません。しっかりと有効活用され、色々なところで活躍しているんですよ。一例を紹介します。まずは幹の部分です。幹には枝がついているので、これらは綺麗に切り取られます。使用用途にあわせた丸太に加工されるのです。その後、もっと使いやすくなるように製材という作業が行われ、丸太から角材などに加工されたりします。こうして加工された木は、家具を作る際の材料に使われたり、家の柱に使われたりと、様々な場所で活躍することとなります。では、枝の部分に使い道はないのでしょうか。枝は細かく粉砕され、燃料として使われることが多いです。伐採された木は、どの部分もしっかり有効活用されているんですよ。環境や資源の問題が気になり、木の伐採を躊躇われていた方も、安心して伐採110番にご依頼ください。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介