伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > 伐採が事故になることも

2016.10.06更新

伐採が事故になることも

伐採というと木を切り倒す作業であることはご存知かと思います。木こりが斧を使い、コンコンと木の根元近くから木を切り倒す映像が思い浮かぶのではないでしょうか。確かにその通りにやっていたこともありましたが、現在の日本に庭で同じようなことをやると事故が起こってしまうかもしれませんのでご注意ください。小さな庭木を切り倒すだけでしたら問題はありませんが、大きな庭木を切り倒す際にはご注意ください。下手に伐採をしようとして、木をあらぬ方向へ倒してしまうかもしれません。それが何もない場所であれば良いのですが、自宅があったり、隣の家があったり、人がいたりする場所に倒れてしまうと大きな事故になってしまう可能性があるのです。大きな木がぶつかれば家は破損をしてしまう可能性が高いですし、大きな木が人にぶつかればケガをしてしまう可能性もあります。もちろんこのような事故を起こしてしまえば、その責任は伐採をした方に降りかかるのです。こうしたことがありますので、伐採は慣れている業者にまかせましょう。業者であれば事故を起こさないように伐採をしてくれます。大きな庭木で悩んでいる方は正確な作業をしてくれる伐採の業者に作業をまかせましょう。自分でやると最悪の場合は大けがを起こすような事故に繋がるかもしれません。そうならないためにもぜひ当サイトで伐採の業者を探しましょう。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介