伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > トラブル回避のための伐採

2016.08.22更新

トラブル回避のための伐採

樹木を根本付近から伐り倒す伐採。多くの方は、丸太づくりなど木材の生産のために森林を伐採する場面を想像されるかと思います。もちろん、林業では伐採作業が中心となりますが、一般のご家庭や施設などでも樹木の伐採が必要となることがあります。お庭で樹木を育てている場合、樹形を整えるため、樹木の大きさを整えるためになど剪定をすることがあります。枝葉の長さを整えることで、隣家へと樹木が侵入し迷惑になるのを防ぐこともできます。しかし、剪定だけでは防ぎきれないトラブルがあるのをご存知でしょうか。例えば、生長過程で幹が歪んでしまった樹木。場合によっては、倒木の危険があるため、安全のためにも伐採を決断する方がいらっしゃいます。また、台風や地震といった自然災害に見舞われて樹木が倒れそうという場合にも、伐採してご自身だけではなく周辺の住宅、住民の安全を確保することが大事です。ほかにも、冬の前に葉を落とす落葉樹は、落ち葉掃除が大変、近隣に迷惑をかけてしまうということで、伐採することがあります。倒れそうな樹木、落ち葉の量が多い樹木などは、伐採することで、トラブル回避に繋がります。一度、樹木の状態や落ち葉の量が近隣に迷惑をかけないか確認してみて、必要であれば伐採を検討されてみてはいかがでしょうか。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介