伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > チェーンソーを使った伐採は資格が必要

2015.10.27更新

チェーンソーを使った伐採は資格が必要

学校の授業や住宅のお庭などで草むしりをされたことはあると思いますが、伐採をされたことはないですよね? 伐採は主に余分な木を伐り倒す作業のことを指しますが、伐採を行う為に何かしらの資格を持っていなければならないというわけではないので、一般の方でも伐採を行うことは出来ます。でも、林業などでチェーンソーを使う場合、「特別教育」を受けて資格を得る必要があります。もし、特別教育を受けずにチェーンソーで伐採を行ってしまうと、労働安全衛生法に違反してしまうからです。それに、チェーンソーの使い方にも充分気をつけなければなりません。チェーンソーは手動のノコギリよりも便利な道具ですが、もし、伐採中チェーンソーが跳ねっ返りしてしまうと、刃が自分の方に向かって怪我をする恐れもあります。実際、過去にチェーンソーの刃で自分の首を切って死亡してしまうという痛ましい事故も起きているのです。 もし伐採に関するご相談がありましたら、当サイトの「伐採110番」をご利用ください。当サイトは伐採を依頼したい方の為に設けられたサイトになります。当サイトをご利用いただければ、少なくともご自分が怪我をする心配は無くなると思うので、時間がある時、当サイトをご利用ください。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介