チェーンソーの講習会とは?|伐採・剪定・間伐:伐採費用1本あたり2,000円~の明朗会計|伐採110番
伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > チェーンソーの講習会とは?

2017.01.10更新

チェーンソーの講習会とは?

チェーンソーとは、細かい刃を動力によって回転させて、木材などを切断する工具のことを言います。伐採は斧やノコギリなどで行うこともできますが、チェーンソーを利用すれば、より一層簡単に木々を伐採する事ができます。しかし、実際に使ったことがない方でも想像できるように、チェーンソーは非常に危険な工具です。使い方を誤れば、作業者はもちろん周囲の人たちまで危険に晒される恐れがあります。そのため、チェーンソーを使用するためには、正しい使い方を知って置かなければいけません。
そのために、チェーンソーの使い方を学ぶ講習会が開かれている事があります。その講習会では、チェーンソーの使い方や整備などはもちろん、伐採の方法や関連する法令なども学ぶことになります。労働者が業務として伐採を行う場合には、この講習会を受けなければならないと労働安全衛生法によって定められています。そのため、個人やボランティアなどがチェーンソーを使用する場合には講習会を受ける義務はありませんが、受けておけばチェーンソーを正しく扱う助けになるでしょう。
ただし、この講習会を受ければ、即座にチェーンソーを使いこなせるというわけではありません。講習会では実践的なことまで学べないことも多く、安全に伐採を行うためには、実際に経験を積んでいかなければならないのです。講習会は役に立ちますが、それでも不安だという方は無理をせずに伐採のプロにおまかせするのがよろしいでしょう。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介