伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > その被害、伐採で防げるかもしれません

2016.06.20更新

その被害、伐採で防げるかもしれません

緑の多い時期となり、すっかり草木が生い茂る時期になりました。草木が生い茂ると増えてくるのが嫌な虫。嫌な虫に毎年お悩みの方も多いのではないでしょうか。実は、この嫌な虫の繁殖を抑えるために、お庭の樹木を伐採される方も増えています。梅雨の時期、水分や養分を蓄えた庭木の枝葉は虫たちの楽園になります。初夏から梅雨にかけてのこの時期に、庭木の恵みを受けた虫の幼虫は、夏の時期に成虫となって私たちにしばしば被害を与えるのです。毎年嫌な虫や害虫にお悩みの方は、庭木の伐採を一度考えてみてはいかがでしょうか。もちろん、庭木の伐採によって受けるメリットは虫の被害を抑えるだけではありません。特に成長した庭木は日光を遮断してしまう場合が多々あるでしょう。ご自宅の日当たりが悪くなった原因が、育ちすぎた庭木にあるケースも少なくないのです。また、土壌の養分を庭木が吸い取っていることも考えられるでしょう。家庭菜園をされている方にとっては、土壌の養分は喉から手が出るほど欲しいのではないでしょうか。ご家庭によっては、庭木の伐採を行うことで様々なメリットを得ることが出来るのです。もちろん、将来のバリアフリーのために伐採を行うご家庭も増えておりますので、一度伐採について相談してみてはいかがでしょうか。当サイトでは庭木についての相談を多数お受けしております。庭木についてお悩みの方や庭木によって被害が起きている方は、当サイトにぜひご相談ください。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介