伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > しっかりと調査をすることが大切です

2016.10.19更新

しっかりと調査をすることが大切です

庭木の伐採をする際には、伐採をする木をよく調査することが大切です。調査によってどうやって伐採をするのかなどの作業方法を決めていきます。木の太さ、高さ、生えている場所、近くに建物があるかどうかなどをしっかりとチェックしていきます。もしも大きな木の場合は、伐採に失敗してしまうと家などの破損事故に繋がるからです。小さな木であっても、切り倒したくない木などが近くにある場合はその点も詳しくチェックして安全に伐採するにはどうしたら良いのかを調べます。チェックをするのは庭だけではありません。大きな木を伐採した後には、その木を処分するために現場から移動させないといけません。その時に木をそのままトラックに詰め込んで運び出せるのかどうかなど、処分ルートもチェックします。現場までの道が細いと木をそのまま運ぶ訳にはいきませんので、現場で切り崩してから移動させるといった対処をするのです。伐採をする木の本数も重要です。どれだけのトラックが必要なのか、枝葉の処分に使うゴミ袋はどれくらい必要になるのかなどを計算しなくてはいけません。こうした細かな部分をチェックしてこそ、伐採は安全に行うことができるのです。当サイトにご相談いただければ、このように安全な伐採のために一切手を抜かない業者をご紹介しますのでよろしくお願いいたします。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介