伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > きこり

2015.02.19更新

きこり

昔から、森林や木々を斧で伐採している方を「きこり」と言っています。

きこりの語源としては木伐る(きこる)という意味から
きこりになったようです。

日本の童話にもよく出てくるこの「きこり」ですが、
木の伐採で生計を立てていました。

現代では斧で木々を伐採することは少なく、
ほとんどの方がチェーンソーでの伐採を行っています。
つまり、昔のきこりという仕事は現代版の伐採業者、林業のことを指します。

人間は自然とともに生き、
木々は昔から紙や家具として利用され私達の生活を支えています。
この木々を必要な分だけ伐採する仕事がまさにきこりの仕事だったのです。

木の伐採・間伐 今すぐお電話!
通話
無料
0120-170-251 0120-697-174 日本全国でご好評!24時間365日受付対応中!
現地調査
お見積り 無料!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介