伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 最新情報・レポート > お庭で害虫が発生する原因

2016.08.04更新

お庭で害虫が発生する原因

一軒家はもちろんのこと、集合住宅やマンションにお住まいの方々でも1階部分にお庭がある場所は数多く存在するかと思います。もしこのお庭周辺で害虫が発生してしまうと、頻繁に害虫が飛び回るようになり、様々な被害に遭ってしまう可能性があります。では、お庭で害虫を発生させないためにはどうしたら良いのでしょうか。雑草の草刈りなどを怠っていれば、害虫にとっては湿気が多く、良い隠れ家となり住み着いてしまうことがあります。そして他にも大切なのは、庭木に害虫が寄り集まったりしていないかどうかです。特に衛生管理上で良くない状態の庭木では、腐敗した部分に害虫が集まり、繁殖している恐れがあります。早期段階で気づくことができれば対処することは難しくありませんが、そのままにしてしまうと完全な害虫駆除を行うためには、庭木を伐採しなければいけない場面も発生します。なるべくそうならないために、定期的な剪定や業者の方による診断を依頼することはとても大切と言えるでしょう。しかし、このような状況に陥ってしまった場合は、すぐに庭木の伐採をお願いするようにしましょう。集合住宅やマンションでは多くの方が被害に遭ってしまいますし、一軒家にお住まいの方でも隣家の方へ影響を及ぼしてしまうことがあります。トラブルが発生してしまうことは時間の問題となりますので、伐採でお困りの際は「伐採110番」まで相談してみることをオススメします。

深夜・早朝でもご遠慮無くお電話ください!
  • 無料相談窓口へ
  • よくあるご質問
  • スタッフ紹介