伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 名古屋市の伐採サービス

名古屋市対応の弊社加盟店のご紹介

アイシンホーム株式会社
アイシンホーム株式会社は愛知県において木の伐採などに取り組んでいる会社です。伐採と言っても様々ですが、どのようにして木の伐採は行われるのでしょうか。まずは依頼を受けた現場へ事前調査をすることから始まります。木が倒れた時に影響が出る範囲、周囲に開けたスペースが確保できるか、地面が坂になっていないかなど、木とその周辺を入念に調査します。代金も調査内容によって変わりますが、提案される伐採方法にはチェーンソーなどで切り倒す方法の他に、クレーンなどの重機を使って切った木を切り倒さずに釣り上げる方法などもあります。こうした方法を相談の上、目的の木の伐採、撤去などの後片付けまで作業を行います。工具を使ってご自身で伐採するのはとても危険を伴いますのでやめましょう。アイシンホーム株式会社なら、庭の木の伐採など些細なことでも力になってくれます。
サンウエスト
サンウエストは愛知県で樹木の伐採業務を行っている会社です。伐採を行うのに丁度良い時期は冬場です。なぜ、冬場が適しているのでしょうか?冬場の木は内部の水分が減っているため、乾燥しているからです。これは冬の寒さで木の中にある水分が凍結して、膨張した氷で内部を破壊されるのを防ぐために、導管の水が抜けていくようになっています。その結果、夏場のように大量の水分を吸い上げている時と比べると、明らかに乾燥した状態になっています。乾燥している木は、チェーンソーやノコギリでの切断が容易です。また乾燥している分、重量も軽くなっているので伐採後に移送する際の負担も軽減できます。再利用としてまきストーブ用の燃料や建材として使用される木の場合も乾燥していることが望ましいので、冬場の伐採は最適と言えるのです。また葉を落とした分作業がしやすいというのも1つの理由です。ぜひ、伐採をお考えの際はこれを参考にしてみてはいかがでしょうか。サンウエストなら庭木の伐採など小さなことでも力になってくれることでしょう。
ダイテクノサービス株式会社
名古屋にて伐採作業を取り扱って活躍している業者にダイテクノサービス株式会社があります。伐採というと山に立ち入って木材のために木を切り倒すというイメージをされるかもしれませんが、それは名古屋という都市であっても行われます。庭がある家やマンションには、多くの場合において植木があるかと思います。観賞用のために花をつける植木や、日陰を作ったり庭の外観を演出したりするために植えられる樹木です。しかし、その役目は永遠ではありません。庭の印象を変えたい時には庭木を処分しないといけませんし、もしもその樹木が病気になって治療できなくなってしまえばその時も処分をしないといけません。こうした場合に伐採が行われるのです。特に病気になってしまった木は生命力がなくなり、台風などに耐えられなくなってしまいます。強い風によっていきなり倒れてしまえば、怪我人を出してしまう可能性が高くなるでしょう。外見のためだけではなく、安全のためにも伐採は行われるのです。こうした伐採をダイテクノサービス株式会社は取り扱っています。

名古屋市の農林業従事者は何人?市の特徴は?

名古屋市で農林業に従事する経営団体は、平成22年の時点で1,193団体あり、そのうち林業に従事している団体はわずか47にとどまっています。前回の平成17年度調査に比べ、総数は330団体(21.7%)、林業に限ると48団体(50.5%)も減少してしまっています。名古屋市では、広い庭を持つ家は少ないため、最初から大きな木を育てようと計画している例は多くありません。小さな植木鉢のまま手入れを欠かさずに育てていた結果、植木鉢では狭くなってしまい狭い庭に植え替えを行い、あっという間に大きくなってしまい、倒木の不安などを持った近隣住宅の訴えにより伐採を考えざるを得なくなってしまうのです。また、近隣住宅との距離がとても近いために、あまり大きく成長していないとして手入れを怠ってしまうと、隣の土地に枝が入ってしまうことも考えられ、これをきっかけにして民事裁判になってしまう例もあります。そういった事態を避けるために早く伐採しなければと考えますが、自分の手で伐採するのはなかなか難しいです。名古屋市に住んでいると気に触れる機会はほぼありませんから、失敗して大惨事を引き起こしてしまうこともあります。伐採するには、手順があります。まず、木を倒す方向を決めます。そして、倒したい方に、木の3分の1くらいまで、およそ45度の角度をつけた受け口を入れます。その後、逆方向からのこぎり等を使って半分ぐらい切っていくと、先ほど作った受け口のほうへ木が倒れていくのです。また、木を切り倒した後の処分も一筋縄では行きません。名古屋市に限りませんが、庭先で木を燃やすことはできません。大木の場合は破棄するのも大変です。こういったことから、自分で伐採を行うのは現実的ではありません。しかし、早くしなければ近隣からの苦情が来てしまうのも事実ですからなんとかしなければいけません。ですが、名古屋市にも林業従事者は47団体いると最初にお書きしましたし、その道のプロにお任せするのが一番だと思います。まずは相談してみるところから始めるべきだと思います。

名古屋市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年11月05日
    エリア
    愛知県名古屋市南区
    参考金額
    50,000円

    木の伐採をしてほしいとご相談がありました。高さ5メートル、直径40~50センチメートルもの、高さ2~3メートル、直径25センチメートルもの、高さ80センチメートル、直径10センチメートルもの、高さ4メートル、直径30センチメートルものの計4本だそうですべて抜根を希望されました。

  • 受付日
    2016年11月05日
    エリア
    愛知県名古屋市緑区
    参考金額
    32,400円

    樫の木の伐採をご希望のお客様がいらっしゃいました。高さは10メートルくらいで、太さは直径30センチメートルくらいの木1本と、太さ直径10センチメートルくらいを2,3本、伐採してほしいとのことでした。

  • 受付日
    2016年11月04日
    エリア
    愛知県名古屋市中村区
    参考金額
    35,000円

    種類については不明とのことですが、木の伐採をお願いしたいというお客様からご依頼がありました。木は、高さ5~6メートル、太さ不明とのことでした。木の処分をご希望で、抜根については不要とのお伝えがありました。看板にも枝がかかってきており困っているので伐採してほしいとのことでした。見積り希望日は相談したいとのことでした。

  • 受付日
    2016年10月24日
    エリア
    愛知県名古屋市名東区
    参考金額
    59,260円

    自宅の庭の草刈りと。木の剪定の料金についてお客様よりご相談をいただきました。庭の広さは車1.5台ほどとのことで、剪定してほしいという木は2~3メートルのものが2~3本とのことでした。見積り日は相談して決めたいとおっしゃっていました。

  • 受付日
    2016年08月02日
    エリア
    愛知県名古屋市千種区
    参考金額
    8,000円

    お墓に生えた木にお困りの方よりお問い合わせがありました。お話によりますと、お墓とお墓との間隔が15センチメートルで、そこを塞ぐように太さ15センチメートルの木が生えているとのこと。樹高は80センチメートルで、本数は1本のみ。お墓に影響が出る前に伐採してほしいとのことでした。その施工が可能か否か、またお見積りの際には立ち会い無しで、写真で見積りを出してほしいとご希望されていました。施工に関しては、お客様より日時のご指定をいただきました。

その他の施工事例紹介はこちら

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!