伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 松江市の伐採サービス

松江市対応の弊社加盟店のご紹介

有限会社塚谷三方園
松江で個人住宅の伐採に対応している業者に有限会社塚谷三方園があります。造園業なので様々な庭に関する仕事を行っており、伐採作業はその中に入っています。こちらの業者は庭に関して長い実績があるので、伐採作業についても信頼に足るでしょう。伐採作業は業者の技術が大切です。人と同じ大きさの木なら大したことはないのですが、家と同じくらいの高さの木を倒すとなると重量のある物体を倒すのでどこに倒れるかで危険性が大きく変わってきます。人の上や家に倒れてしまえば大きな損害です。そうならないように業者は常に技術を磨いています。それは有限会社塚谷三方園も同じで、実績を無闇に誇らずに常に皆さまのことを考えている真面目な業者です。また造園業として伐採後の枝の処分も行い、綺麗にすることにもこだわっております。満足できる作業が期待できるでしょう。
有限会社北村電機ストアー
庭木が大きくなってくれることは育てる側からすれば嬉しいかもしれませんが、大きくなってしまったことによる弊害もあります。例えば落ち葉です。枝が大きく広がったことで葉っぱが落ちる範囲が広くなってしまい、自宅の庭だけでなく隣の家や道路にまで葉が落ちてしまうかもしれません。そうなると近所とのトラブルになることもあります。またその落ち葉をしっかり掃除しないと虫などが発生しますので、より掃除の面倒が増えるのです。また大きな木はそれだけ養分や水分が必要ですから、他の植物に養分が行き渡らなくなることもあります。更に木陰が植物の光合成を邪魔してしまうので、大きすぎる庭木も問題なのです。有限会社北村電機ストアーは、松江にて伐採作業を行っています。庭についてだけではなく、皆さまの生活をより良くすることを目的に営業をしている信頼できる業者です。こういった業者であれば綺麗な庭に変えてしまうことも可能になります。

松江市の農林業従事者は何人?市の特徴は?

松江市で農林業に携わっている人は607人です。松江市の山林は主に日本海に面した場所がほとんどで、個人が所有している山林は少なくなっています。個人が所有している山林が少ないことや、山林業務に従事する人が高齢化していることから、だんだんと、林業にかかわる人は少なくなっています。木材を生産する山林も少なく、主に公共工事や公共施設の建設などに、山林がかかった時に伐採されることが多くなっています。個人で所有している人たちは、高齢化から伐採や下草刈りなどの管理もなかなかうまくいきません。また日本海に面した山林については大山隠岐国立公園の一部になっていますから、その管理も行政が行っているのが現状になっています。管理がうまくいってないことや、松に寄生する害虫の被害で立ち枯れていく木も多くなっています。立ち枯れを防止するために、薬剤の注入や散布で被害の防止に取り組んでもいます。また松江市は、県庁所在地で唯一原発が立地している市になっています。この原発の建設で多くの山林を道路とするために山を削り伐採を行って原発まで行く道路が建設されました。津波の被害をなくすために新たに山を削り造成して、原発の管理施設等もできています。松江市はシジミの漁獲量が日本一の宍道湖を持っている市でもあります。大変豊かな自然に恵まれていて宍道湖に浮かんでいる嫁が島は、以前は松が植林されていましたが、松枯れの被害でこれらの松は伐採されたこともあります。エネルギーの供給減の原発と、宍道湖を代表とした自然にあふれた県庁所在地になっていますが、今後は防災や原発事故などがあった時にこれらの自然が守っていけるのかという、ジレンマも抱えています。高齢化が進んでいく山林所有者が持っている山の管理の問題など、解決が難しい多くの問題も抱えています。山林自体も荒廃が進まないように、行政も所有者と一緒になって、樹木医を配置するなど努力を行っています。

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!