伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 京都市の伐採サービス

京都市対応の弊社加盟店のご紹介

たなか工務店
たなか工務店は伐採のご相談に親身になって対応し続け、様々なお客様から多くの支持を得てきた企業です。伐採をお考えのお客様がよくお悩みになるのが、一体自分の家に立っている木が何メートルぐらいあるのか分からないということです。これには、2階建ての建物であれば、1階の天井までがおよそ2・3メートル、2階の屋根がおよそ5メートルぐらいという目安があります。無理して木の高さを測るのは危険ですので、目安ぐらいは把握しておきましょう。高い木になるほど、伐採をするときの危険性が高まります。木の高さは安全のためにも事前に知っておきたいものです。たなか工務店は危険な木の伐採などにもしっかりと携わっています。木の伐採はもちろんですが、造園技術や林業に対する知識も持ちあわせているため、お客様の庭造りをしっかりとサポートしてくれます。
はなまるサービス
はなまるサービスは造園に関するお困りごとに長年に渡って対応し続けてきた企業です。伐採を行なうには高い技術力と豊富な経験が必要になります。よく自分で伐採をお考えになる方がいらっしゃいますが、これは大変危険な行為です。よく下調べもせず、風向きや周囲の環境を無視して伐採を進めると大きな事故に繋がる恐れがあるからです。例えば伐採をする際、木が倒れる方向を完全に予測通りに倒すことは極めて困難です。また適切な切り方をしないと危険な方向に木が倒れ、物損事故や人身事故を引き起こす恐れがあります。また、場合によってはしっかりとロープで牽引したり、住宅街では上から少しずつ木を切っていくといった方法をとることが要求されます。はなまるサービスはこうした伐採の知識を豊富に持ちあわせ、安全に施工を行ってくれますので安心です。
マルイチ
マルイチは長年に渡って伐採のお困りごとに対処してきた企業です。住宅街など、人通りが多い地域などで大きな木を伐採する時、一体どのような方法を取るのが安全かご存じですか?伐採というと根元から一気に切り倒すという方法を思い浮かべる人も多いのですが、これは森林など人のいない場所で、木をまるごと木材として使用したい時にとる方法であって、住宅街でこの方法を取るのは非常に危険です。人が多く、建物などの障害がある地域では、木を上から少しずつ切っていくという方法を取られます。ある程度の高さなら脚立を使って切っていきますが、あまりに大きな立木であれば木に登って行なうこともあります。マルイチはこのように、場所や木によって適した方法を見極めながら伐採を行ってくれます。高い技術力で、地域のお客様からも厚い信頼を得てきていますので、安心してお任せ頂けます。

京都市の農林業従事者は何人?市の特徴は?

京都市は古くから都としてのイメージが強く、実際に大きな市街地が存在しますが、その周辺には豊かな里山や田園風景が広がっています。農業では水稲栽培が6割を占めるほか、都市近郊の立地を活かした野菜の生産が盛んで、ここでしか採れない京野菜でも有名です。また都の建物を建築するため、昔から周囲の山々の木材が利用されており、現在でも京都市内に原木市場があります。特に北山杉は長い歴史を持つ優良な木材として、全国的にも名の通ったブランドになっており、京都市でもPRに力を入れています。市街地に隣接する里山は、昔は薪を採取するなどの目的で利用されてきました。現在では利用する人も少なく、そのため害虫がはびこりやすくなっており、景観の保護が課題とされています。2009年現在、農林業に携わる人は671人という統計があります。京都市は市内にも緑が豊富です。街路樹にはイチョウ、ケヤキ、サクラ、スズカケノキなどがあり、高木は約5万本、低木は約86万株が植えられています。もちろん街路のほかにも、数多い神社・仏閣の境内や、大学の構内などで、多彩な樹木を見ることができます。そのうちの幾つかは、市の保護樹に指定され、これを見るための散策ガイドマップも作成されています。樹木は美しい景観を保つために不可欠ですが、放置したままでは逆に景観を損ねます。育ちすぎた木は適度に伐採し、見栄えを良くする必要があります。また、枯れた木や腐った木は強風で倒れ、人や建物に損害を与える危険があるため、やはり伐採しなければなりません。個人の庭でも同様のことが言えます。しかし小さな草花はともかく、ある程度の高さまで育った樹木は、自分で伐採するのが困難です。とりわけ市街地では、下手に作業をすると近隣に迷惑を及ぼす恐れもあり、素人が手を出すのは危険といえます。こうした場合には、プロの伐採・剪定業者に依頼するのが賢明な方法です。専門の業者なら、庭木の植え替えなどにも対応できます。

伐採110番の京都市地域における対応エリアについて

  • 京都市北区
  • 京都市上京区
  • 京都市左京区
  • 京都市中京区
  • 京都市東山区
  • 京都市下京区
  • 京都市南区
  • 京都市右京区
  • 京都市伏見区
  • 京都市山科区
  • 京都市西京区

京都市エリアのお問い合わせ内容と実績紹介

  • 受付日
    2016年10月25日
    エリア
    京都府京都市中京区
    参考金額
    23,000円

    種類は不明で、高さは2階の屋根くらい、太さは不明の木1本の伐採をご希望のお客様がいらっしゃいました。伐採後の木の処分についてはご希望とのことでした。見積り希望日については、具体的に決まっているのでその日にお願いしたいとのことでした。

  • 受付日
    2016年09月29日
    エリア
    京都府京都市北区
    参考金額
    60,000円

    伸びてきてしまい、監視カメラの視界に入ってしまうため木の伐採を行ってほしいとお客様よりご依頼をいただきました。木の種類は不明ですが、高いもので5メートルほど、片腕が回せるくらいの太さであるとのことで、6本伐採を行ってほしいとのことでした。木の処分と抜根は行ってほしいとのことで、最短での見積りを希望されていました。

  • 受付日
    2016年07月05日
    エリア
    京都府京都市左京区
    参考金額
    50,925円

    家の裏山にある木が倒れてきており危険なため伐採したいとご相談をいただきました。2階の屋根より高い木が4、5本とのことで、間伐を希望されました。見積りについては、なるべく早くお願いしたいとのことでした。

  • 受付日
    2016年04月02日
    エリア
    京都府京都市東山区
    参考金額
    32,408円

    伐採について現地無料見積りのご依頼がありました。木の種類は不明ということでしたが、太さは50センチメートルほどで本数は4本ほどだということでした。伐採をする理由は庭にするためだということで、そのために伐採をした後の木と残った切り株については抜根にて処分をしてほしいとのご依頼もありました。これらの作業の見積りについては、相談をして調整をした後の日程にて現地無料見積りをしてほしいということでした。

  • 受付日
    2016年02月27日
    エリア
    京都府京都市中京区
    参考金額
    16,000円

    既に伐採されているご様子で、残った30センチメートルの幹を抜根してほしいとのことでした。お見積りのお日にちにつきましては、担当とよく話し合ってから決めたいと仰せでした。対象となる木は、桜とのことでした。

その他の施工事例紹介はこちら

深夜・早朝でもご遠慮なくお電話ください!