伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 大きなケヤキはどう切る?事例でみる伐採・抜根方法

大きなケヤキはどう切る?事例でみる伐採・抜根方法

 

ヤキはその大きさと木目の美しさから、建築材として人気が高いですが、見た目の美しさとたくましさから、ケヤキは庭を飾る木としても重宝されています。

 

ケヤキは大きく育つ分、伐採作業は危険です。20メートルを優に超えることもあるケヤキの場合、特殊伐採が必要になるケースも多く、また、季節によって成長速度にも違いが出るため、伐採の時期も考えなければいけません。

 

樹木が育ち過ぎれば、近隣トラブルや日当たりの悪化といった問題も起こりかねません。このように、トラブルを避けるためにもケヤキは定期的に手入れをし、伐採する必要があるのです。

 

本記事では、伐採方法を庭で育てられている場合と森林で育つケヤキ両方の伐採の必要性や、ケヤキの伐採方法について具体的に説明していきます。

 

目次

 

ケヤキとはどういった植物なのでしょうか

ケヤキは木材として優秀で、日本で古くからあらゆるもののために使われてきました。また、ケヤキは自然に美しく成長してくれるため、本来は伐採などしない方がよいのです。

 

しかし、状況によってはケヤキを剪定するべき場合もあります。それはどんな状況なのでしょう?


お庭にあるケヤキと森林で生長しているケヤキの伐採目的をそれぞれみていきましょう。

 

『ケヤキ』とは?

『ケヤキ』とは?

 

ケヤキは中国や朝鮮半島でもみられるようですが、主に日本の本州や四国、九州など北海道以外の全国各地に分布している、日本でよく知られた植物です。広葉樹林の一種なので、四季に合わせてその姿を変え、昔から人々を楽しませてきました。

 

ケヤキは全長20メートル以上にもなる巨木で、樹齢は古いものでは数百年にも及びます。ケヤキはその見た目の美しさとたくましさから、学校などの公共施設のみならず、家庭の庭を飾る樹木としても人気があります。

 

ケヤキの素晴らしさは見た目だけではありません。ケヤキは美しい木目と硬く摩擦に強い材質を持つため、建築材料や長胴太鼓などの和太鼓の材料として古くから使用されてきました。


その上ケヤキは腐りにくく、はるか昔に建てられた重要文化財として有名なお寺や神社の支柱やとしても使われています。

 

ケヤキの伐採・抜根を行う目的

上記でお伝えした通り、ケヤキは自然に美しく樹形を形作りながら成長してくれる樹木であり、本来手間がかかることなく、伐採の必要性はありません。

 

しかし、ケヤキは放っておくと巨木に生長するため、人の手を加えることなく放っておくと、お庭や森林で様々な問題が起こる可能性があります。

 

 

【お庭でケヤキを伐採する目的】

自然に美しく生長してくれますので、剪定や伐採をしてしまってはなんだかもったいないと思う方もいると思います。しかし、お庭にあるケヤキは、【日当たり確保】【支障木排除】【近隣トラブルの回避】という3つの目的で剪定・伐採すべき場合があります。

 

●日当たり確保

お庭でケヤキが大きく生長しすぎると、陽の光が十分に取り入れられず、日中も暗い部屋で過ごすことになってしまいます。そうならないための日当たり確保として、ケヤキの枝を切り落とすことも必要になってくるようです。

 

●支障木排除

支障木とは、危険を及ぼす可能性のある木のことで、動物や人間に危害が加わる可能性があるため、伐採されるべきとされています。具体的な例としては、枝に積もった雪が隣接する道路に落下してしまう木や電線に触れそうな木が挙げられます。

 

●近隣トラブルの回避

お庭でケヤキを育てている場合、手を加えないまま生長させておくと、ご自身のお庭を埋め尽くしてしまうだけでなく、近隣の家の方に枝が侵入してしまったり、隣の家に入る日差しを遮ったりしてしまう可能性もあります。


こういったことが原因で近隣トラブルが起こるのを防ぐためにも、剪定・伐採は重要になります。

 

 

【森林でケヤキを伐採する目的】

自然界である森林内では放置しても問題ないと思われるかもしれませんが、ケヤキが健康的に生長するためには適度な伐採が望ましいのです。また、ケヤキの伐採には人間生活を豊かにするという目的もあります。

 

●土地開発

人口密度の高い日本では、一昔前から森林の木を伐採して住むことのできる土地を増やすということが頻繁に行われてきました。土地開発という目的で、他種類の樹木と同様にケヤキも伐採されています。

 

●木材使用

前述の通り、ケヤキは価値ある資源として建築物をはじめとした様々な用途で使われています。建築物の柱として人を守り、生活を豊かにしてくれるケヤキは、人間にとって大変ありがたい存在です。

 

●日当たり確保

巨大なケヤキは成長とともに、空から入り込む日光をその木で遮ってしまいます。ケヤキは日光を浴びているので生長できますが、小さな樹木やその他の植物は生長を妨げられてしまいます。他の植物にも日光がいきわたるようにも、森林でのケヤキの伐採は行われるのです。

 

●傾倒防止

生長すると20メートル以上にもなるケヤキは、台風や地盤の緩みなどの自然災害が起こると倒木する恐れが十分にあります。人間や動物の身を守るためにも、周りの木の安全を確保するためにも、傾倒防止としてケヤキを伐採することがあるのです。

 

ケヤキの伐採・抜根は特殊伐採することも

ケヤキを伐採する目的はわかっていただけたと思います。では、ケヤキの伐採はどのように行われるのでしょうか。また、伐採と抜根ではどのような違いがあるのでしょう。伐採の事例とともにケヤキの伐採について詳しくみていきましょう。

 

ケヤキの伐採に適した時期

ケヤキの伐採に適した時期

 

他の広葉樹同様に、ケヤキの成長過程にも1年の季節の変化によって変化が出ます。
生長をはじめる春に伐採をしてしまうと切った部分が腐ることがあるほか、生長力の強い夏に剪定・伐採をすると切った分すぐに伸びようとします。

 

一方で、ケヤキは空気が乾燥し、陽の光も弱まる秋から冬にかけて生長が弱まるため、10月から3月の時期に伐採をしておくとよいかもしれません

 

このように伐採に向いている時期はありますが、近隣トラブルや支障木などのすぐに解決すべき問題がある場合には、早急な解決が求められるので、すぐに伐採をするようにしましょう。

 

ケヤキの伐採・抜根方法・事例

ケヤキの処分方法は2つの方法があります。伐採と抜根です。

 

伐採とは、大きく生長しすぎた樹木や自然災害で害を及ぼす危険性のある木を切り倒すことを指します。大きなケヤキの伐採は大掛かりになることも多く、大人数で行う場合や、クレーン車などの特別な機器を用いることもあります。

 

伐根とは、伐採した後の残りの部分である根を地面から抜くことを指します。住宅の庭での伐採をする場合、クレーン車など特殊機器を使う必要があれば使うようですが、不可能であれば人力での作業を行います。伐採後は、伐根作業を行うこともあるようです。

 

森林での伐採の場合には、庭での伐採同様に、主に人力でチェーンソーなどを用いて行われるようです。しかし、森林では伐採後の根も土の養分になることから、伐根作業はほとんどの場合行われないようです。

 

ケヤキを含めた樹木は、古代から神が宿る神聖なものだと考えられてきました。そのため伐採をむやみやたらに行うことはあまりよろしくないこととされており、伐採をする際には、樹木への感謝の印としてお浄めやお祓い、供養をすることがあるようです。


供養などをするときは、樹木を伐採する前に行うのが一般的なようなので、供養などをお考えの方は事前に業者に相談するとよいでしょう。

 

『特殊伐採』で行うケヤキの伐採・抜根事例

ケヤキのような大木を伐採するには、特殊伐採が必要になる場合があります。

 

特殊伐採とは、一度では幹の根元を切り倒すことができない大木を、作業員をロープでつり下ろすことで切り倒す方法のことを指します。普通の伐採には使わないような器具を使用することもあります。

 

高所作業車を使えば人が乗る場所をロープで吊すことで高い部分の枝を切断ができ、クレーン車を使えば人力では足りない力を補いながら容易に大木の幹を切断したりすることができます。

 

ケヤキの伐採・抜根をする際の注意点

他の小さな木々とは異なり、ケヤキの伐採は少なくとも数人が必要なことや機械の使用が必要なこともあり、自分で行うことは大変難しいです。また、クレーンや高所作業車を使用するにはそれぞれ資格が必要なので、容易に手を出せるものではありません。

 

伐根に関しても、不可能なわけではありません。しかし深く根を張るケヤキを、住宅や配管、土壌などへ悪影響を及ぼさないように十分注意しながら伐根するのは難しいです。業者に依頼して伐根をしてもらうのがベターといえます。

 

また、業者に依頼する場合には、費用にも注目しましょう。ケヤキは木材としての価値が高いため、ケヤキを引き取る代わりに伐採費と処分費を無料にしてくれることもあるようです。損のない伐採ができるように、見積りなどを依頼するとよいでしょう。

ポイント!

・ケヤキの伐採は人手や機械が必要になるため難しい
・大きなケヤキは根も大きいので抜根も大変な労力が必要
・ケヤキの伐採・抜根は業者に頼むのがベター

 

まとめ

ケヤキの伐採方法と必要性について説明してきました。

 

ケヤキの伐採は、庭と森林では目的が違う
庭では、主に近隣トラブルの回避、日当たり確保、支障木排除などが目的
森林では土地開発、木材使用、日当たり確保、傾倒防止が目的
ケヤキの伐採には秋から冬にかけての時期が適切
ケヤキの伐採方法は、伐採・伐根があり、特殊伐採を行うこともある