伐採・間伐のことなら伐採110番TOP > 自分に合った伐採業者を選ぶポイント

自分に合った伐採業者を選ぶポイント

お庭で樹木を育てている方、雑木林・森林を所有している方などは、樹木の状態・状況によって伐採が必要となります。土地や樹木の所有者には、樹木を管理する責務がありますので、倒れそうな樹木や管理しきれないと判断した樹木は伐採して処分します。ご自身で行うには難しいため、業者にお任せする方がほとんどでしょう。しかし、どのような業種の業者に依頼すればいいのか分からない、数本だけの伐採を依頼したいけれど対応してもらえるのか不安……とお悩みの方もいらっしゃると思います。伐採業務を請負っている、または提携会社と業務委託しているという業者は各地に存在します。数ある業者の中から、目的や要望に見合った業者を見つけるためにも、伐採業者の業務内容、対応できる規模、ポイントなどをご紹介いたします。


大きく2種に分かれます

伐採業者と聞いてもあまり馴染みがない方も多いと思いますが、伐採する規模・樹木の高さなどによって、伐採業者は大きく2種類に分けられます。また、伐採を行っているのは林業従事者や造園業者だけではなく、建設業者である場合もあります。それぞれがどのような伐採に対応しているのか把握することで、実際に業者依頼をする時、目的に応じた業者を選ぶのに時間をかけなくても済むでしょう。

大規模な伐採

大規模な伐採のイメージ

主な業者:林業従事者、建設業者など
・個人、法人、国が所有している森林や雑木林の樹木伐採
・森林の適正な管理、手入れとして行う伐採
・土地開発の際に建設工事の一環で行う伐採
※高くて幹が太い樹木の伐採も可能

小規模な伐採

小規模な伐採のイメージ

主な業者:植木屋、造園屋、造園工事業者、庭師など
・個人宅の庭や施設敷地内などの樹木伐採
・倒木の恐れがあるなど危険木の伐採
※伐採できる樹木の高さに制限が設けられていることがある

業者を選ぶポイントは?

どの業者も責任を持って業務に励んでいますが、プラスアルファのサービスや安全のための講習を受けているかなどが気になるのではないでしょうか。どのような業者に依頼するのがより良いのか、業者を選ぶポイントをご紹介いたします。

サービス内容を比較

伐採業者によってはオリジナルのサービスを提供していることがあります。特に、伐採のサービスがある植木屋、造園屋などはお庭の管理業者としても活躍していることが多く、草木に関する知識が豊富です。技術・サービスの品質も高いと言えるので参考にしてみるといいでしょう。例えば下記のようなものが挙げられます。

オリジナルサービスの例

・樹木購入時のアフター作業でお客様に代わって植栽管理
・芝刈りオプションによる植込みの手入れ
・芝刈りオプションによる除草や草刈り
伐採作業と共に面倒な草刈りなどを委託できるのはとても便利と言えます。

小規模な伐採

営業エリアを幅広く展開している業者もいます。伐採する現場と業者の事務所との距離を考慮するのも大事なことです。近い場所である方が早く対応してもらえるでしょう。また、営業日時を確認することも大切です。葉が生い茂る夏には伐採を検討する方が多く、依頼が集中して伐採業者は繁忙期となります。さらに、夏季休暇期間中であれば、作業着手までに時間がかかる可能性がありますので注意しましょう。

こんなことも参考になります

・概算料金の計算式が明確
・特別講習や特別教育を受けている
・業界団体による認定を受けている
・造園業者ランキングによる評価がどうか

依頼から伐採完了までの流れ

ここで、業者へと依頼してから伐採完了までの流れを見てみましょう。

STEP 01のイメージ
STEP 01

業者の事業所、連絡先などに問い合わせ
(現場が作業エリアか確認)


STEP 02のイメージ
STEP 02

電話での無料相談、現地調査の依頼
※対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。


STEP 03のイメージ
STEP 03

作業員による現地確認(伐採対象の樹木の状態・作業地・作業規模などの確認)


STEP 04のイメージ
STEP 04

見積り(金額と共に全額前払い・分割払い・後払いを確認)


STEP 05のイメージ
STEP 05

契約後、日程・作業手順書に沿って現場作業


STEP 06のイメージ
STEP 06

伐採完了・作業記録の作成


お庭の手入れや土地活用のためなど、身近な場所でも伐採作業は行われています。もちろん、身近な場所だからこそ安全に配慮しなければなりません。安全に配慮するためにはマニュアルや作業プロセスをきちんと守って伐倒することが重要です。近年は自然の循環にも注目が集まっており、伐採後の木材を処分せずに再利用・再活用することが出来る伐採業者の需要も増えています。身近な場所の伐採作業だからこそ、自然の力を良く知っている伐採業者が活躍しているのです。