伐採と伐根(ばっこん)のやり方や費用の違い

伐採と伐根(ばっこん)のやり方や費用の違い

 

目次

伐採と抜根と聞いて何が違うのか疑問を持たれる方がいるかと思います。木を切り処分することだということは分かりますが、何が違うのかあまり知られていません。

今回は、伐採と抜根について、それぞれの作業方法や注意点などをご紹介します。また、両者の費用の違いについてもチェックしていきましょう。

 

伐採とは木を切る作業のこと

 

伐採とは、庭木の根っこは残したまま根元を切ることです。森林や街路樹などの樹木を根元から切り倒すことで、林業などにおいては丸太を生産するために行われている行為です。主に、チェーンソーやノコギリを使用いて切り倒します。

 

伐採を行う主な理由と意味

伐採を行う主な理由と意味

 

伐採を行うおもな理由は以下のようなものがあります。

街路樹や住宅に植えた樹木が電柱に届いてしまうため
庭木が影を作ってしまう、落葉が飛んでいくなど近隣に迷惑になるため
住人が高齢になって自分での作業が難しい、または忙しくて手入れをする時間がなくなったため

 

伐採を行う際の注意点

伐採を行うときは以下のことに注意しましょう。

近くに障害物がないか確認する

電線などが近くにある場合は、感電する可能性もあるので電力会社に連絡する必要があります。

施工前は近隣に挨拶に行く

伐採にあたって、葉が飛んだり砂ホコリが舞ったりする場合もあります。また、伐採にあたり騒音も出ますので近隣の方には挨拶しておくことが良いでしょう。

安全なスペース確認する

木が倒れる場所に危険なものはないかと確認し、木が倒れる場所には近づかないように周知徹底することが大切です。


また、思いもしない場所に木が飛んでくる場合もあります。安全なスペースをしっかり確保することで、木に人や建物が巻き込まれることは無くなるでしょう。

 

根元から切り倒すことができない場合は特殊伐採を行います

庭木を根元から切り倒すには、広いスペースが必要になります。しかし、住宅街の中や家の庭木の場合、電柱や建物があるため根元からバッサリと切ることができません。そんな時は以下のような特殊伐採方法があります。

重機を使用する方法

クレーン車や高所作業車を使用します。高所作業車で木の上部から少しずつ切っていきます。切った木をバサッと下に落とせない場合は、クレーン車で木を吊り安全な場所まで運びます。

人力のみで行う方法

重機が入れない民家の庭や狭い場所では、職人さんが木に登りロープなどを使用して木の上部分から切り落とします。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

抜根(ばっこん)とは切り株を取り除く作業のこと

伐根とは、木の根を抜くことであり、つまり伐採したあとに残った切株を取り除くことです。その場所に他の植物を植えるために取り除く必要があります。主な抜根法には以下があります。

 

斧や鍬などを使用して手で掘り起こす
手動抜根器を使用して引き抜く
人や車で牽引して引き抜く
焼却する
ダイナマイトを使用して、爆破させる
ブルドーザーで掘り除く
トラクター付属シリンダー型抜根機でくりぬくように取り除く

 

抜根を行う主な理由と意味

抜根を行う主な理由と意味

 

抜根を行う主な理由は以下のようなものがあります。

残った切り株にシロアリが発生したり、蜂の巣になったりする危険があるため
美観が損なわれ、人が通る場所にあるとつまずく原因になるため
切り株の所に新しく植物を植えるため

 

抜根を行う際の注意点

障害物がある場合は断られる場合もある

抜根する木の根がコンクリートの下や住宅などの建物の下にもぐっている、複雑に絡まっているといった場合には、全部の根の除去までできない場合があります。

 

あまり深く根が張ったものは土壌が緩んでしまう場合もある

住宅の庭には、配管や基礎などもあるのであまり深い所まで根が張っている場合、
抜根した後に土が緩くなってしまったり、配管や基礎を傷つけてしまったりする場合もあります。

 

困難な抜根には特殊抜根を行うことがあります

庭木の根が住宅やガレージなどと絡まっているときは、直接抜根することができない場合があります。


そういった場合は薬剤を使用した特殊抜根を行います。特殊伐採は薬剤を使用して根を枯らすことで、抜根しやすくするものです。

 

しかし薬剤を使用するので、ペットを飼っている方やガーデニングなどで植物を育てている場合は注意が必要となります。



また薬剤で枯らした根からシロアリが発生することもあるので、しっかりと抜根する必要があります。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

 

業者に頼むとき費用の相違はあるのか

伐採と抜根の費用はどのぐらいかかるのでしょうか?それぞれにどれぐらいの費用の差があるのかを見ていきましょう。

 

伐採と抜根はそれぞれ費用がかかる

伐採と抜根はそれぞれ費用がかかる

 

伐採のみの場合は、伐採のみの費用になります。抜根工事ですと木を根から一気に引き抜くことは不可能なので、伐採してから抜根するという作業になりますので費用はかかります。


そのため、費用からしたら伐採がお得ですが、シロアリの問題などを考えると抜根工事の方が良いかと思われます。

 

抜根は見積りが難しい

現場の状況によって料金が違うため、はっきりとした料金表が出せない場合が多いです。

 

抜根の場合は、業者に電話をし、現地に来てもらって見積りをしっかり行ってもらうことが重要です。


伐採・伐根後に追加料金を請求されてしまったということにならないように気を付けましょう。

 

伐採と抜根を同時に行った方が良い?

「伐採はしたけど、抜根はまだ後でいいかな。」というお考えの方もいらっしゃるのではないでしょうか。


シロアリが発生するまでは大丈夫といって、不都合でない限りは切り株のまま放置している場合もあるかと思います。

 

しかし、放置しておけばどんどん根は成長していきます。そのため、放置しておくといざ抜根する時のコストが増えていくのです。少しでも、コストを抑えたいならば同時に行う方がお得だと言えるでしょう。

 

まとめ

いかがでしたでしょうか?今回は、伐採と抜根について以下のことをご紹介しました。

 

伐採は根を残して木を切ることで、抜根は根まで抜くこと
伐採は、切り株を残した場合はシロアリが発生することや蜂の巣ができる場合もある
抜根はコンクリートの下や複雑に絡まっているとできない場合があり、抜根後に土が緩くなる場合もあるのでそれぞれ注意が必要
伐採と抜根の料金の違いは、伐採のみより、伐採してから抜根を行うため費用はかかる。
抜根は業者による現地の見積りが重要であり、根の大きさで料金は変わる。

 

伐採と抜根で悩んでいる人にとって、少しでも参考になればと思います。

 

無料相談窓口へ

無料相談窓口へ!

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-170-251

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

BSニュース 日経プラス10

「日経プラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-170-251

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-170-251
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼