安全な伐採方法とそのプロセス

「今伐採を行ってもいいのか」「伐採に適した時期があるの?」など、伐採に関する質問が、作業を始めるにあたって浮かんでくることがあるかもしれません。生きている樹木においては、伐採の期間や季節を間違えてしまうと樹勢に影響を与えかねません。例えば、剪定においても剪定木によって適切な時期が異なるため「剪定カレンダー」というカレンダーもあるほど。伐採にあたってはこのような時期のことはもちろん、安全面にも十分配慮する必要があります。あまり知られていない伐採について、施工方法や伐採跡地の利用について紹介していきます。


家庭で出来る伐採!お手入れと処分方法

家庭で出来る伐採!お手入れと処分方法のイメージ

家庭における伐採の一つが庭木のお手入れです。本格的な伐採となると容易ではありませんが、個人が家庭で出来る比較的簡単な伐採もあります。

除草・除根作業

庭木への養分を阻害する、雑草や他の草木を根っこから除去する作業は樹勢を強める効果があります。必要のない草木であれば、思い切って伐採することも一つの手です。また、春過ぎの新芽の時期であれば「みどり摘み作業」や「芯止め」作業など、枝葉の長さを調節する作業が必要な庭木もあります。

草木の処分

草木は大まかに区分すると「可燃ごみ」にあたります。しかし、集積場に搬入される木材には規定があり、行政によって施行されている条例などによっても異なりますが、基本的な考え方として細かくカットして搬出しなければなりません。もちろん、移動や運搬に掛かる手間もありますので、十分に枝払いや枝打ちを行ってから移動することがコツになります。

四方八方・自由自在!安全な伐倒のプロセス

樹木は絶えず様々な力を受けています。例えば重力や風向きなどが挙げられ、木の先端部分から根本付近まで、原則としてこの「力の向き」を考えて伐採する必要があります。特に幹回りの大きい「大径木」を伐採する場合、対象樹木を中心に調査や測量などの準備を入念に行い、誤差を想定した足場組みや位置取りが事故を防ぐために重要です。手順概要・手順内容を記した「手順書」に沿って伐採手順を追っていきましょう。

伐採する方向を決める

草木は大まかに区分すると「可燃ごみ」にあたります。しかし、集積場に搬入される木材には規定があり、行政によって施行されている条例などによっても異なりますが、基本的な考え方として細かくカットして搬出しなければなりません。もちろん、移動や運搬に掛かる手間もありますので、十分に枝払いや枝打ちを行ってから移動することがコツになります。

吊り切りのイメージ
吊り切り

難所での作業や危険木の伐採の際に「吊り切り」、または「吊るし切り」、と呼ばれる作業を行います。ロープ掛けをしながら枝や幹を伐採していくやり方で、伐倒させる方向が無い立木の伐採時にこの方法を採りす。ロープワークのテクニックと伐採のテクニックの両方が必要です。


安全な伐倒作業

伐倒する方向を決めたら、いざ伐倒作業になります。作業時の安全を確保するためにオペレーターや交通整備員などの力を借りて周囲の立ち入りを制限します。施工方法としては、まず倒れる方向に切り口を入れておき、斜め切りをして芯切りを行いましょう。そして中央の「つる」と呼ばれる部分を残して、反対側から切れ込みを入れ込むのです。マニュアルに沿った作業をすることで事故を防止します。

斜面における伐採の仕方のイメージ
斜面における伐採の仕方

斜面での作業の場合、斜め下方向に倒す方法が一般的になります。
・上方向に倒す場合
斜面からの跳ね返りや倒木が滑り流れる危険性があります。
・下方向に倒す場合
衝撃によって木材の応力が過剰に働きますので、真下への倒木もあまり行いません。


材木置き場に運搬する

伐倒した立木は資源として利用することができます。そのまま粉砕してしまうよりも、材木として運用する方が人間のためにも、自然のためにもより良い方法と言えるでしょう。
玉切りを行い、素材丸太に加工してから材木置き場に運搬をします。

根株除去作業を怠らないのイメージ
根株除去作業を怠らない

切り株を根切り斧や根切りチェーンソーなどで伐根することで、整地作業の第一歩となります。移植植木を用いた造林方法を採用する場合、この切り株が植木の栄養分を吸い取ってしまう事もありますので、切り株はきちんと除去しましょう。

整地って何?身近な土地の伐採とその後

整地作業

aaaaのイメージ

切り株を根切り斧や根切りチェーンソーなどで伐根することで、整地作業の第一歩となります。移植植木を用いた造林方法を採用する場合、この切り株が植木の栄養分を吸い取ってしまう事もありますので、切り株はきちんと除去しましょう。

整地した後どう使われるのか

農地として活用
農地として活用のイメージ

自然豊かな場所の多くは土壌の豊かな場所と言い換えることが出来るでしょう。土地を農地として活用する場合、雑草や石を取り除く整地作業は重要な役割を果たします。特に農地活用の場合、整地作業の中でも「伐根作業」を密に行うことが重要になります。雑草や木の根が農作物へ渡る栄養を阻害しないように十分な伐採が必要です。

建設地として活用
建設地として活用のイメージ

住居やビルなどの建造物を建築する場合、凹凸のある土地を均して整地した後に地面を踏み固める作業が重要になります。特に盛り土をした場合、固い斜面の上に土を盛っているわけですから、長雨や大雨の際に盛り土部分が流れ出してしまわないように、入念な地固めを行いましょう。


お庭の手入れや土地活用のためなど、身近な場所でも伐採作業は行われています。もちろん、身近な場所だからこそ安全に配慮しなければなりません。安全に配慮するためにはマニュアルや作業プロセスをきちんと守って伐倒することが重要です。近年は自然の循環にも注目が集まっており、伐採後の木材を処分せずに再利用・再活用することが出来る伐採業者の需要も増えています。身近な場所の伐採作業だからこそ、自然の力を良く知っている伐採業者が活躍しているのです。

通話料無料!携帯電話・PHSもOK!

0120-170-251

24時間365日、日本全国受付対応中!

無料相談はこちら

利用規約はこちら

日経ニュースプラス10

「日経ニュースプラス10」で当社の事業紹介ならびに、仕事の流れが紹介されました。

私たちが24時間365日サポートいたします!

0120-170-251

24時間365日、日本全国受付対応中!
  • あおやま
  • いりやま
  • くどう
  • かねだ
  • えんどう
  • いとう
  • きまた
  • よしだ
  • むらかみ
  • たけした
  • たまがわ
  • てらさいもと
  • かとう
  • ひらの
  • たがわ
  • いしい
  • くの
  • ののむら
スタッフが待機中!
  • お急ぎの方へ
  • 無料相談はこちら
対応エリア・加盟店・現場状況により、事前にお客様にご確認したうえで調査・見積もりに費用をいただく場合がございます。

選ばれる4つの理由

各種クレジットカード使用可能です

※手数料がかかる場合がございます
※一部エリア・加盟店によりカードが使えない場合がございます

情報漏洩対策・処理対応万全たいせつにしますプライバシー 19000823(02)

プライバシー対策も万全です

個人情報に関して厳重に管理させていただくと同時に、個人情報の保護にあたり適応される法令及びその他の模範を厳守しております。

個人情報専門お問い合わせ窓口
0120-122-103

このWEBサイトはCO2削減に貢献しています

弊社はGSLを通じてCO2削減に貢献しております。

  • 0120-170-251
  • お急ぎの方へ
  • 無料メール相談窓口へ
  • 無料現地調査の依頼